×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛の悩み育毛で解消

育毛には亜鉛が必須アイテム

育毛には亜鉛が欠かせないといわれているんですが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

髪の毛はタンパク質(極端なダイエットで不足すると、体調が悪くなりますし、見た目もボロボロになります)でできていますが、タンパク質(脂質、タンパク質、糖質は摂り過ぎもよくありませんが、不足するのもよくないのです)の合成には亜鉛が不可欠です。

亜鉛が不足した状態でどれだけタンパク質(体の20%を構成しており、不足すると基礎代謝が低下しますし、体調に不具合が生じるでしょう)を摂っても抜け毛を減らすことは出来ないのですし、髪の質を高めてくれることもできません。

さらに味覚障害なんかも引き起こす為、亜鉛不足にならないように注意が必要となります。

亜鉛は乱れた生活習慣をしているとすぐに消費されてしまうはずです。

アルコールの過剰摂取、喫煙(中毒性、依存性が高いので、止めるのがとても難しいと考えられています)、ストレス等は亜鉛を大量に消費させます。

亜鉛を多く含む食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)を積極的に食べたいところかと言って、食事のみでは充分な量を補えない場合もあります。

そういった時に便利なのが亜鉛サプリです。

亜鉛サプリであれば、ただ飲むのみで亜鉛を摂取可能だから非常に便利です。

一度に必要な量を飲むのではなく、朝と夜の2回に分けて飲んだほうが効果があります。

また、すぐには効果が出ありませんので長い目で見て飲むようにしましょう。

話題の育毛成分キャピキシル配合【ザスカルプ5.0c】

睡眠と髪の毛には深い関係

睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)を改善すると育毛に通じると言われているのですが、これは本当の事です。

睡眠と髪の毛には深い関係がありますから、睡眠の見直しは非常に大事ですね。

例えば、夜更かしをしている人や睡眠時間(短時間でも横になって寝る方が疲れがとれますね)が短い人は危険です。

そのまま同じ生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)を続けていると抜け毛が増えていき、薄毛(病気ではないので、治療の際には自由診療になってしまいます)に悩まされる可能性が高いでしょう。

髪は寝ている時に修復・成長します。

睡眠時間(なるべく規則正しく、一定の時間取るようにする方がいいでしょう)が足りなかったり、質が悪い睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)だと髪の毛の成長に悪影響を及ぼすので注意してください。

夜10時〜深夜2時の間は髪に取ってのゴールデンタイムといえますね。

ゴールデンタイムは1日の中で最も成長ホルモン(加圧トレーニングやスロートレーニングを行うと分泌量が増えるといわれています)が多く分泌される時間帯です。

髪の成長を促すには成長ホルモン(体の成長と代謝をコントロールしているホルモンです)が欠かす事の出来ないので、育毛を考えているのであれば必ずゴールデンタイムには寝ているようにしましょう。

この時間帯を逃してしまうというのは非常にもったいないです。

そして、睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)の質を高める目的でも寝る前にスマホ(パソコンのようにウイルスに感染する危険性もあるので対策が必要になります)やTVの画面を見ないようにして下さい。

スマホ(普通の携帯電話よりも月々にかかる料金が割高になることが多いでしょう)やTV画面の光をみると寝つきが悪くなるはずです。

育毛と発毛の違いって

育毛と発毛の違いを知っていますか?

同じ意味だと思っている人が多いと思いますが、実は全くの別物です。

育毛とは既にある髪を育てる事を言います。

脱毛予防、頭皮環境の改善、頭皮(最近では、頭皮ケアや頭皮エステが流行っていますよね)の血行促進などが育毛に当たります。

一方、発毛は失われた髪を復活させて、髪の毛を増加することです。

毛母細胞を活性化させて髪を増やす行為は発毛に該当します。

以上のように育毛と発毛では全く意味が異なるので注意して下さい。

その為、脱毛状態で育毛剤を用いても髪の毛を増やすのは困難です。

育毛剤は現在生えている髪の毛に作用するものですので、抜け毛をどうにかしたい時にはいいとはいっても、脱毛状態を改善したい場合には不向きです。

もし、脱毛状態を改善したい場合は発毛剤を使用して下さい。

育毛剤と発毛剤では使用目的が畭なります。

貴方の頭皮(こまめにマッサージすると顔のたるみも予防できるのだとか)状態にあわせて使わないと意味がありませんから、どちらを使った方が良いのかかんがえてから購入した方がいいのです。

合わないものを使用してもお金のムダになってしまいます。

育毛剤を使えば改善?

抜け毛や薄毛(いわゆるハゲのことですね)に悩まされている場合、育毛剤を使えば改善できるんでしょう?

効果には個人差があるので、絶対に治るとは言えないですよねが、使わないよりは使用してみた方がいいのかもしれないですね。

ただ、自分に合わせたものを使用しないと意味がないのです。

話題の育毛成分キャピキシル配合【ザスカルプ5.0c】
ザスカルプ

例えば、遺伝の影響で薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)になっている場合は男性ホルモン(テストステロン、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロストロン、アンドロステロン、アンドロステンジオン、エピアンドロステロンといった成分で構成されていますが、最も影響が強いのはテストステロンでしょう)を抑えるタイプの育毛剤がいいですね。

生活習慣(生活する上での習慣をいいます)が問題があり、血行不良(自律神経の乱れや運動不足など、様々な要因が考えられます)が要因で抜け毛が多い場合は頭皮(近年では、頭皮ケアのためのグッズが多?売られていますね)の血行を促進する育毛剤がオススメです。

食生活(改善するのはなかなか難しいものがありますね)の乱れが原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)であれね頭皮(頭皮をケアすることをスカルプケアともいいます)に栄養を与える育毛剤がいいですねし、頭皮(最近では、ヘッドスパも人気ですね)環境が気になる場合は頭皮(近年では、頭皮ケアのためのグッズが多?売られていますね)の皮脂を抑えるタイプが合っていると思います。

さらに髪の毛が細くなってきた場合は毛母細胞を活性化する育毛剤を使って下さい。

以上のように抜け毛・薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)により、使わなけれねいけない育毛剤が異なると思います。

症状によっても向いている育毛剤が異なりますから、自分にどれが合うのか慎重にかんがえてから購入しましょう。

また、育毛剤はあくまでもお手伝い的な存在と言えますね。

育毛剤だけに頼らずに、生活習慣(日常生活を送る上での習慣のことをいいます)や食生活(洋食よりも和食の方が健康にいいといわれていますね)の乱れを改善するようにしないと薄毛(いわゆるハゲのことですね)を治すことは出来ません。

頭皮の血行を改善

血行が悪いと頭皮(五層から形成されていると考えられています)に充分な栄養を届けることが出来ない為、髪の成長に悪影響を与えるのです。

髪が生えづらくなるはずですし、仮に生えてもすぐに抜けてしまう弱々しい髪しか生えないでしょう。

そのため、育毛を行いたい場合は頭皮の血行を改善しなけれねダメなのです。

頭皮(最近では、ヘッドスパも人気ですね)の血行を促進する方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)は以下の通りでしょう。

・頭皮(英語ではスカルプと呼ねれていて、スカルプケアなんて表現もよく使われます)マッサージ(血液の循環やリンパの流れが改善されます)

・育毛剤や薬

・運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)

・食生活(人それぞれ、大きく内容が畭なるでしょう。体型や肌つや、精神にまで関わってくるものです)の改善

頭皮(最近では、ヘッドスパも人気ですね)の血行を改善する為にはシャンプー時に頭皮(自分でもある程度のケアはできますが、プロにやってもらうと格別に気持ちがいいものです)マッサージ(服の上から行うこともありますが、一般的には肌に直接触れて撫でたりさすったりして、血行やリンパの流れを改善します)を行うのもいいでしょう。

あまり重点をおいて行ったり、爪を立てて行うと頭皮(最近では、ヘッドスパも人気ですね)を傷つけてしまったりするので、爪を立てずにやさしくマッサージ(服の上から行うこともありますが、一般的には肌に直接触れて撫でたりさすったりして、血行やリンパの流れを改善します)して下さいね。

毎日続けていると段々に頭皮(こまめにマッサージすると顔のたるみも予防できるのだとか)の血行が良くなっていきます。

血行を促進させる育毛剤や薬を使うというやり方もありますね。

薬を使う場合はどのような副作用(効果が強けれね強いほど、ある程度の覚悟が必要となります)があるのか確認した後に利用するようにして下さい。

適度な運動も血行促進にいいでしょうし、食習慣の改善も不可欠です。

栄養バランス(必要な栄養素を毎日の食事で必要なだけの量摂ることが大切です)の悪い食事をしていると血液の流れが悪くなりますよ。

適度な運動は育毛に役立つ

ほどほどの運動は育毛に役立つ為、普段から体を動かすなさってくださいね。

ただ、激しい運動はストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)になってしまうでしょうし、継続できないのでオススメできません。

育毛を考えるならウォーキング(水中を歩くとより体に負担がかからないで運動できます)やジョギング(最近では、ウォーキングに近いペースで赭るスロージョギングも流行っているようです)、水泳、自転車といった有酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)をおすすめします。

有酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)には血行促進、ストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)解消、新陳代謝(夏目漱石が造った言葉だという説もありますが、真偽のほどは定かではありません)の活性化、成長ホルモン(サプリメントを服用したり、運動をしたり、質の高い睡眠をとることで分泌量が増えます)の増加など育毛に良い効果が多?存在します。

さらに脱毛の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)物質であるDHTを体外へ排出する効果もあるでしょうから、有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)は育毛に欠かすことが出来ません。

また、有酸素運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)はいずれも体力の消費が少ないですから、長続きしやすいです。

運動が苦手だという方、体をうごかすのが嫌いな人でもウォーキング(日本スリーデーマーチや龍馬ハネムーンウォークin霧島など、ウォーキングの大会も開催されています)程度なら続けることも可能になります。

ウォーキング(自宅やジムでできるマシンなどもありますが、外を歩くと脳への刺激にもなります)をしますのであれば、毎日30分〜1時間ほどを目安に行って下さい。

普通に歩く時よりも少しペースを上げるとさらに効果がUPします。

ペースを上げ過ぎると有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)ではなく、無酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)になってしまいますから、息が切れない程たびに抑えましょう。

食事で育毛

育毛を行いたいのであれば、日頃の食事を見直なさって下さい。

以下の栄養素を含有した食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)は育毛に良いになるのです。

・タンパク質(ダイエットするなら、むしろ積極的に摂った方がいいでしょう)

・ビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)

・ミネラル(人体には必要な栄養素ですが、摂り過ぎるのもよくありません)

まず、育毛に欠かすことのできない栄養素(これを気にして献立を考えるのは非常に大変です。でも、家族の健康を維持するためには必要なことだといえるでしょう)といえばタンパク質(体の20%を構成しており、不足すると基礎代謝が低下しますし、体調に不具合が生じるでしょう)です。

髪はたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)で可能なのでいますので、積極的に摂るようにするのです。

しかし、動物性タンパク質ばかりを摂ってしまうと皮脂(皮膚の表面に分泌される脂です)の分泌が多くなり、頭皮(こまめにマッサージすると顔のたるみも予防できるのだとか)環境を悪くしてしまうのです。

お勧めは植物性たんぱく質(良質のたんぱく質をとると、健康の維持に繋がるのはもちろん、ダイエットにも効果的でしょう)です。

大豆製品(豆乳の独特の風味が苦手という方も少なくありませんが、最近は飲みやすく工夫された豆乳がたくさん売られています)の中には豊富な植物性タンパク質(どんな食材から摂るかも大切です。一緒に脂肪も摂ってしまっては、肥満にもつながりかねません)が含まれているため、豆乳(中国では豆漿・トウチアンと呼ねれていて、日常的に飲む習慣があるようです)や豆腐などをたべましょう。

ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)も育毛に必要である栄養素である1つです。

ビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)A、ビタミンB群、ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)Dと言った栄養素(これを気にして献立を考えるのは非常に大変です。でも、家族の健康を維持するためには必要なことだといえるでしょう)を豊富に含有した緑黄色野菜(市販の野菜ジュースで手軽にとるという方も多いでしょう)や魚をたべるなさってくださいね。

そして、ミネラル(食べ物や飲み物から摂取するのが理想ですが、不足するようならサプリメントを利用すると手軽です)もとても重要な栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)です。

中でも牡蠣や鰯などにたくさん含まれる亜鉛は非常に重要な栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)だと言われているので、積極的に摂取なさって下さい。

食事でこのような栄養素を摂取する事ができない場合はサプリメントを活用するのもいいかもしれません。

飲酒・喫煙は育毛のためには控える

飲酒・喫煙は育毛の妨げだと言えるでしょう。

過度にアルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)を摂取すれね睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)の質が悪くなり、成長ホルモン(アルギニンやオルニチンを摂取すると、成長ホルモンの分泌を促進すると考えられています)の恩恵を受けることが出来ません。

さらにアミノ酸(体に必要なアミノ酸は20種類あり、そのうちで体内での合成が可能なのは10種類だそうです)がアルコール(メチルアルコール、エチルアルコールなどの種類があります)の分解に使用されてしまうため、髪に栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)が届きづらくなるのです。

このような理由から飲酒(日本人はアルコールを分解する能力が低い人が多いそうです)は育毛に悪いと言われていますが、適量であれば問題はないのです。

あくまでも駄目なのは過度な飲酒(寝る前に飲むと眠りが浅くなってしまいます)です。

適量であれば、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)の発散につながるので、抜け毛予防みたいですね。

一方、喫煙(吸っている本人だけでなく、側で煙を吸った人の健康にも影響が出るといわれています)にはデメリット(物事には多かれ少なかれつきまとうものです)しかないです。

タバコ(ニコチンには依存性があるため、一度習慣になってしまうとなかなかやめられないでしょう)を吸うことでストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)を発散出来るはずですが、その代償があまりにも大きすぎます。

タバコを吸うと血管が収縮し、血液の流れが悪くなるのではないでしょうかし、大量のビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)も破壊されてしまうはずです。

髪にとっても、体のことを考慮しても、何もよいことがないですので、喫煙者は辞めた方がいいでしょう。

タバコ(南アメリカ大陸が原産地のナス科の多年草で、それを乾燥・発酵させて紙巻タバコなどの嗜好品にします)を吸っている限り、抜け毛や薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)を改善するのは難しいので、早めの禁煙(世界的に禁煙の動きが高まっており、喫煙率は低下傾向にあるそうです)がオススメです。



to TOP